個別指導よりも授業料が安い

集団指導は学校と同じようにカリキュラムに沿って一斉指導しますが、個別指導や家庭教師と違って授業料が安いメリットがあります。先生1人に対して10人から数十人の生徒を相手に教えるので、人件費が安く済み個別指導の半額程度で受けられるケースも少なくないです。但し、いくら料金が安くても自分に合わなかったり、成績が伸び悩むようではお金の無駄になってしまいます。なので、苦手科目は個別指導塾にして、後は集団指導で学ぶなどの方法をとる人もいるようです。要は自分に合うかどうかが大切なので、体験授業や学習相談会などで判断しながら、安くて質の高い集団指導塾を見つけるのがおすすめです。有名進学塾などは集団授業に力を入れる傾向があるので見つけやすいと思いますよ。

入試情報が豊富にある

学校の授業に溶け込める生徒なら、集団指導にも向いていると思いますが、集団指導塾の場合、学校の定期テストの過去問など多くの情報を持っていたりします。生徒数が多いので、在籍する生徒が今までに受験した学校の種類も多く、中には、学校の先生が出題する問題の傾向まで把握していることもあります。なので、個別指導塾と違って、過去問で定期テスト対策をしっかり行うことも可能です。集団指導塾には志望校の合格実績が多いメリットもあるので、最適な受験指導を受けられる可能性も高いですね。的を絞って学べるメリットもあるので授業のペースが遅れることもないです。効率よく学習ができますし、他校の生徒と切磋琢磨して学びたい生徒に最適だと思いますよ。

有名大学進学を目指している人なら、高校生の塾選びは慎重に行いましょう。大学進学は、人生の重要な岐路になるからです。