授業についていけない可能性がある

集団指導のデメリットは、授業内容についていけないことがある点です。個人指導とは違い、集団指導塾では大人数で同じ授業を受けます。塾によっては、100人以上の生徒が一緒に授業を受けるため、質問することなく授業が進みます。生徒一人ひとりに目が届きにくいので、授業内容についていけない生徒を把握することは難しいでしょう。集団指導塾では、事前にカリキュラムが決められており、同じペースで授業が進みます。学校よりも授業スピードが早いことが多く、周りの生徒から取り残される子どもが出てきます。また、体調不良などで休んだ場合も授業も進むので、自分で勉強して追いつく必要があります。成績別に細かくクラス分けされている塾に入れば、自分のペースに合った勉強ができるはずです。

質問しにくい環境がある

集団指導塾では、大人数の生徒と一緒に授業を受けます。教師に質問する場合、たくさんいる生徒の前で質問しなければいけません。そのため、人前が苦手な生徒などの場合、挙手して質問することは難しいでしょう。消極的な生徒は、授業前後に質問に行くことにも苦手意識があることが多いです。なぜなら、教師だけの前でも上手に質問できるかどうかを気にしてしまうからです。また、集団指導塾では、1度に多くの生徒を対応することが難しく、全ての生徒へ同じフォローをできないのが現実です。どうしても、よく質問に来る生徒や積極的に教師に話しかける生徒が中心となってしまいます。生徒の性格によっては、個別指導を検討する方が良い場合があります。

中学生の塾を選ぶ際には子どものモチベーションが保てることを条件にしなければなりません。勉学への意欲はそのまま結果にも繋がります。