生徒ひとりひとりに合ったカリキュラムで学習を進められる

集団指導塾では、講師一人が数人から数十人の生徒を指導します。大多数の生徒に合ったカリキュラムを予定通りに進めていくのが普通です。ついていけない生徒はわからないところを残したまま授業が進んでしまい、「勉強が楽しくない」と劣等感を持ち、モチベーションが下がってしまうことも多いです。逆に能力が高い生徒は、カリキュラムがものたりなく感じてしまい、「もっとレベルの高い授業を受けたい」と不満を抱えていることもあります。 個別指導塾では、この不満を解消できます。講師一人に対して生徒一人から二人で授業が進められます。カリキュラムも担当講師が個別に作るので、生徒一人一人のレベルに合った授業をすることができるのです。

相談しやすい環境である

集団の中で発言するのが得意な生徒は、集団指導塾で勉強の相談などがしやすいでしょう。一方、「集団で発言するのは恥ずかしい」「こんな質問をしてみんなに馬鹿にされたらどうしよう」という不安から質問ができない生徒もいます。個別で質問しようとしても、集団指導塾の講師は何十人から何百人も生徒を受け持っているため、個別で質問すること自体が難しいこともありますし、相談しても時間が区切られていてわからないところが満足に解消できないこともあります。

個別指導塾の場合は、講師が受け持っている生徒の数が少ないため、じっくりと相談することができます。また、距離も近いので、気軽に相談可能です。周りはパーティションで仕切られていることも多いので、相談した内容が他の人に聞こえないかという心配も不要です。