同じテキストで同じ内容の授業

塾のタイプとして集団指導と個別指導があり、子供に行かせるならどちらのタイプにするかを決めなければいけません。個別指導はその名の通り一人や数人の生徒に対して一人の講師がつき、生徒それぞれに合わせたテキストで授業が行われます。一方集団指導はある程度学力の近い生徒でクラスが編成され、そのクラスにおいては同じテキストを使って同じ内容の授業が行われます。メリットとしては高度な内容の授業を生徒の学力に合わせて一定スピードで行えるところで進学塾などではよく見られる指導方法になるでしょう。デメリットは授業についていけなくなるとどんどん取り残されてしまうところです。子供が授業についていけそうな塾を選べるかどうかが鍵になります。

質問は授業時間以外が基本

同じ塾でも集団指導と個別指導では授業の進め方に違いがあり、個別指導は授業中でも生徒が質問したいときにいつでも質問ができます。一方集団指導は多くの生徒に対して一人の講師が同じ授業を行っており、生徒が授業中に質問をしたいとしても自由に質問できるわけではありません。わからないところや疑問点があるときは授業中ではなく授業以外の時間に別途講師に質問しに行く必要があり、おとなしい生徒の中には質問に行けずにわからないままになってしまうときもあるようです。講師によっては授業中に適度に質問時間を設けたり、定期的に面談を設けて生徒がわからないままにならない対策をしているところもあります。子供の性格を考慮して塾を選ぶ必要もあるでしょう。